家庭教師のだかあぽ

 家庭教師の“だかあぽ”は、子どもの学校生活がよりよいものになることを目指しています。 読み・書き・計算といった基本的な技能を中心とした学力補充を行うとともに、 子どもが自分を守っていけるようにサポートするカウンセラー的な役割も担います。

 学習を通して、できる体験・わかる喜びを感じて自尊心を高めていくことは、 これからの長い義務教育生活の中で、とても大切なことだと思います。

 将来に向けて社会的なスキルの練習をすることも大切ですが、 生活の大半をついていけない授業の中で過ごしている子どもたちの “今”の生活も大切にしてあげたいと考えています。


  ※ 申し訳ございませんが、ただいま
    平日の19時半〜しか空きがありません・・・